←backUmenuUnext→  
■ おぼっちゃま

ぐぎゃぎゃぎゃぎゃ・・・

ぼんちゃん出たくて叫んでる。



この表情見ると、もうがまんも限界のよう。


はいはい、わかりましたよぉ。

慌ててゲージに近寄ると、水入れの上でもうスタンバイOK!

はやっ。




扉を開けて、上を洗濯バサミで止める。

さあ、どうぞ。



ほれほれ、どうぞ。

あれ、ぼんちゃん出てこない。

あんなに出たがっていたのに。





実はね、ぼんちゃん。

指を差し出して、お迎えしないと出てこない。

指が差し出されるまで、じっとこの状態。


はい、はい、負けました。

どうぢょ。



ほら、慌てて出てきでしょよ。

                                      2004.06.28
←backUmenuUnext→